2011年06月02日

ゼロクーポン債

国内債券の満期までの期間は2年、5年の中期国債や10年の長期国債などが主流ですが、外国債券は期間20年、30年などの「超長期債券」の品揃えも豊富にあります。
代表的なのがゼロクーポン債(割引債)です。
長期の資産運用などに向く商品なのではないでしょうか。
ゼロクーポン債は額面金額より安い価格で発行・販売され、満期に額面金額が戻ってきます。
途中の利払いはありませんが、販売価格と額面金額の差額が利子に当たります。
米ドル建てやユーロ建てのほかにも、新興国の債券もあります。
ゼロクーポン債のメリットは複利効果を期待できること。
満期の長いゼロクーポン債は、複利効果が大きく期待できるのも魅力です。



posted by ドイル at 00:33| 金融・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

投資信託などの選び方

投資信託は、今では普段からよく利用する銀行でも購入できます。
また、インターネットを使って預金から投資までほとんどすべての金融商品の取引きができるような時代です。
そのような環境の中、資産運用を始めるにあたって大切なことは、マネープランを明確にすることです。
金融商品を選ぶときに、目先の利益や流行などに振り回されている人が多いようです。
3年後に必要な教育資金なのか、20年後に必要な老後資金なのかによって適した金融商品は異なります。
まずは自分のマネープラン&ライフプランを考えることから始めましょう。


posted by ドイル at 23:21| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ディスインフレ

ディスインフレ(ディスインフレーション)とは、物価の上昇率が緩やかになる現象であり、歴史的に見ると、モノの供給が需要を上回る景気後退期に見られます。
しかしながら、物価が実際に下落するデフレとは異なり、通常、、ディスインフレの場合は、物価が下落するのではなく、インフレ率が無視できる程度のものです。
posted by ドイル at 17:45| 金融・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。