2012年09月02日

新興国株式市場の成長や債券市場の高金利を享受するポートフォリオ

定期預金や貯蓄型の保険、個人向け国債など安全性の高い金融商品を多めに保有されている方で、余裕資金では経済成長の高いエマージングマーケットのリターンを取りたいというタイプであれば、エマージングマーケットの株式や債券をポートフォリオに加えて運用していくのもよいのではないでしょうか。
MSCIエマージングマーケット株式指数の値動きに連動する投資信託やETFを保有すれば、エマージング諸国内で分散した株式ポートフォリオを持つのと同じ意味があります。
また、中国株やインド株、ブラジル株など個別の国や地域の株式市場の値動きに連動する投資信託やETFを分散して保有することで、成長を期待する個別国のウェイトを増やしたポートフォリオを作ることも可能です。
また、ニューヨークダウ構成銘柄の米国企業やTOPIX構成銘柄の日本企業でも事業を新興国経済圏で伸ばしている企業は多数あります。
新興国市場で業績を伸ばしている業種のセクターを集めたETFを保有することも新興国市場の成長を享受する有効な選択肢といえるのではないでしょうか。

ちなみに、エマージングマーケットファンドとは、新興諸国の株式や債券を投資対象とする投資信託のことです。
エマージング・マーケット(新興諸国市場)は、代表的な地域ではBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)が有名です。
他の地域では、中南米や東欧、東南アジアなどが挙げられます
先進国の成長率は鈍化していますが、新興国ではまだまだ高い成長率を期待することができるため、より高いリターンが期待できます。
しかしながら、政治状況や社会環境の変化により債務の返済、投融資の回収ができなくなるといったカントリー・リスクや、市場の非成熟による低流動性により、株式や債券を希望する時期に売却できないといった流動性リスクがあるため、ハイリスクな投資対象になります。

サラリーマンの副業米国債券米国社債老後の生活資金
ワンルームマンション投資のリスク外国債券ETF海外株式購入消費者金融申し込み
不動産投資 成功お金を借りる即日キャッシング即日老後のお金はいくら必要
即日融資 お金借りる高金利通貨ファンド
posted by ドイル at 21:39| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

投資信託などの選び方

投資信託は、今では普段からよく利用する銀行でも購入できます。
また、インターネットを使って預金から投資までほとんどすべての金融商品の取引きができるような時代です。
そのような環境の中、資産運用を始めるにあたって大切なことは、マネープランを明確にすることです。
金融商品を選ぶときに、目先の利益や流行などに振り回されている人が多いようです。
3年後に必要な教育資金なのか、20年後に必要な老後資金なのかによって適した金融商品は異なります。
まずは自分のマネープラン&ライフプランを考えることから始めましょう。


posted by ドイル at 23:21| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

分散投資

分散投資は長期的な資産運用方法として有効とされています。
では、何が有効なのかというと、リターンを高めるためではなく、価格変動リスクや信用リスクなどのリスクを低減できるからです。
国内株式、外国株式、国内債券、外国債券などに幅広く投資先を分散しておくことでリスクを低減するということです。
老後資金の形成や資産運用のために長期的に運用を考えている方は分散投資することがベターといえるかもしれません。
投資信託を購入することでも幅広く分散投資できることがあります。
セゾン投信のグローバルバランスファンドもそのうちの1本です。
posted by ドイル at 00:21| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。