2013年06月29日

上場投資信託(ETF)と一般的な投資信託

投資信託には、大きく分けると一般的な投資信託と上場投資信託とがあります。
上場投資信託は英語の「Exchange Traded Fund」の頭文字を取って「ETF」と呼ばれています。

上場投資信託(ETF)は、証券取引所で取引されるため、多くの投資家が取引しています。
上場投資信託(ETF)はさらに分けられて、指数連動型上場投資信託とそれ以外の上場投資信託(ETF)になります。
指数連動型とは一般にインデックスファンドと呼ばれるもので、TOPIXなどの株価指数や債券指数に連動して運用されています。
具体的な取引の手順は一般的な株式の取引と同様で、金融商品の一つとして世界中で取引されています。

例えば株式ETFの取引をする場合、実際の株式を取引するのではなく、インデックスに連動するような株式銘柄で構成された「ファンド」に対する取引となっています。

必要となる手数料や信託報酬はそれぞれのETFによって少しずつ異なっています。
これらを理解することでETFの魅力がわかってくるかもしれません。
上場投資信託(ETF)は一般的な投資信託よりも運用コストが安いというメリットもありますが、売買手数料については、必ずかかり、少額すぎると一般の投資信託よりも高くなる場合があります。
したがって、通常の投資信託よりも手数料は安くなります。

投資は、できるだけ手数料が安くなる金融商品を比較しながら選ぶことも大切なことです。

収入を増やす方法収入源の増やし方収入を増やすノウハウ株式投資ワンルームマンション投資失敗中古ワンルームマンション投資成功不動産投資失敗不動産投資成功不動産投資空き室リスク不動産投資ポイント為替動向経済指標為替相場ファンダメンタルズ分析為替動向金融政策資産運用おすすめ資産運用外国債券老後副収入副業するサラリーマンSEO対策株式銘柄有望セクター銘柄株式投資
posted by ドイル at 16:20| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。